別府八幡宮 公式サイト

 幸せを祈る 別府八幡宮

℡0836-84-0459 fax0836-84-7122

〒756-0005山口県山陽小野田市大字有帆1377-2

雅楽

平成28年5月20日 雅楽講習会に参加してきました

昨日のことですが、福岡県の香椎宮で開催された雅楽研修会に縁あって参加させていただきました。

 

元宮内庁式部職楽部楽師で、いずれも主席楽長を経験された三名の講師先生方にご指導いただけるという貴重な機会ということもあり、九州各県はもとより、沖縄・愛媛・山口県という様々な地域から雅楽同好の神社関係者が集い、熱心に稽古に励みました。

 

東京から遠く離れた地方で元宮内庁楽師の方々にご指導いただけるなんて、夢のようでした。

先生方にご指導いただいた事を糧に、これからも研鑽に励んでまいります。

DSC_2309 - copy DSC_2299 - copy

四月十六日 雅楽講習会

DSC_0461

先日御縁がありまして福岡県の香椎宮で開催された雅楽講習会に参加させていただきました。

今回は東京より元宮内庁式部職楽部楽師の先生方(お三方とも元首席学長)をお招きしての講習会ということで、弱輩者かつ県外の神職である私なんかが参加してよいものかと恐縮しつつも、人生のうちでも何度とないであろう好機でありましたので気合を入れて受講してまいりました。

お陰様で滅多に聞くことのできない本場の雅楽の音色を間近で拝聴することが出来、また福岡を始めて九州各県や愛媛などから集まった凄腕の神職さん達の演奏のレベルを体感出来、素晴らしい刺激を得ることが出来ました。

この講習会でご指導頂いたことを活かしてより一層精進していこう、そう心に誓って帰ってまいりましたが、帰宅してからすぐに風邪をひいて寝込んでしまいました……
講習会中に気合を入れて吹きすぎたんでしょうか……
結局いまだに治りきらず練習が出来ておりませんが、早速月末に結婚式場での奏楽のご依頼をいただきましたので、早く体調を万全に整えて、一層上達した演奏が出来る様に頑張りたいと思います。 

6月18日 雅楽合宿

一昨日のことですが、毎年恒例の山口県神社雅楽会総会・雅楽講習会に参加してきました。

今回は東京から元宮内庁式部職楽部所属の東儀季一郎先生をお招きしてご指導を賜りました。

DSC_1038 DSC_1039

 

 

 

 

会場は美祢の秋吉台国際芸術村。

ここ数年は毎年利用させていただいてますが、とにかく立派な施設です。

DSC_1044

 

 

 

本館研修室より宿泊棟方面を撮影

DSC_1042

 

 

 

レストランと宿泊棟。右手に見えるのがレストラン。奥に見えるのが宿泊棟です。

DSC_1043

 

 

 

なんとも立派な施設なんですが、交通の便が悪いためかあまり利用者を見かけません( ̄ー ̄; 

もっと有効に利用されるようになるといいですね。

6月10日 周南市立沼城小学校雅楽教室

昨日は山口県神社雅楽会の事業で周南市立沼城(ぬまぎ)小学校にて雅楽教室が開催されました。

雅楽教室では「世界最古のオーケストラ」とも言われる日本の伝統音楽「雅楽」について子供達に知ってもらうために、実際に雅楽の演奏を聴いてもらい、雅楽や使用する楽器について説明をし、演奏に舞を伴う「舞楽」なども実演して雅楽に直接親しんでもらいます。

今回も体育館を舞台に、少し蒸し暑い中での雅楽教室となりました。

 

DSC_0997

 

 

 

私は龍笛で参加させていただきまして、冒頭の黄鐘調・国歌君が代の主管と、楽器紹介コーナーでの横笛(神楽笛・龍笛・高麗笛の総称)の説明を担当させていただきました。

約一年ぶりの参加だったので多少緊張してしまいました……。

 

子供達には我々の国にこのような素晴らしい音楽が千三百年も連綿と伝えられてきたことを知ってもらい、自国の歴史や伝統・文化に誇りを持ってもらいたいと思います(^^)

伊勢神宮式年遷宮奉祝 雅楽奉納演奏

メディア等でも盛大に報道されましたのでみなさんご承知のことと存じますが、伊勢の神宮におかれましては二十年に一度の式年遷宮が無事目出度くも斎行されました。

この御遷宮を奉祝致しまして十月八日から十一月三十日の間、全国各地の団体により神事芸能、また各種伝統芸能が神宮御神域にて奉納されています。

山口県内の雅楽愛好の神職・神社関係者等で組織される山口県神社雅楽会におきましてもこの度の御遷宮を奉祝致しまして、去る10月23日、内宮神苑に特設された舞台にて雅楽の奉納演奏を行ってまいりました。

曲目は管絃の部として、まずは黄鐘調の国歌君が代。次に平調音取から越殿楽、陪臚。
次に舞楽の部として蘭陵王と還城楽(右方)を奉納し、最後に退出楽として長慶子を奏楽しました。
私も龍笛の一員として参加させていただきましたが、神宮神苑という神主として非常に光栄な場所での演奏ということもあり、緊張もありましたが震えるほどの感激の中演奏をすることが出来ました。

台風の影響もあり生憎の雨でしたが多くの参拝者の方々に鑑賞していただけましたし、個人的にも蘭陵王と長慶子の龍笛主管、それと還城楽の際の「蛇持ち」ならぬ「花持ち」というお役目を任せていただきましたこともあり、今回の経験は生涯の宝物になりました。

この感激を心に刻み、御神慮を慰め御神威の益々の発揚に寄与する演奏が出来るよう、日々の稽古に益々励んでいきたいと思います。(権禰宜 渡邉司郎)第六十二回式年遷宮奉祝雅楽演奏 管絃全体写真 蘭陵王 還城楽 奏楽 集合写真撮影風景